FC2ブログ

愛知を中心に東海圏と東京の写真をおさめます。

2018-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現時点でのペダリング思考

色々なサイトを見て回って、実走行を経て、考えと結果が近づいてきたので
ここでメモメモ。


・ペダルは踏まない。踏もうと意識すれば膝周りの筋肉を使ってしまう。
・膝は大出力の通過点。大出力の元はケツ。
・ペダルに体重をかける。脚はペダルの上に立つ自分を支える役目。
 近い動きはスクワット。
・ペダルの上でスクワットを実践するとサドルとケツは触れているだけの状態になる。
 ケツがサドルに食い込まない。
・ペダルの上でスクワット状態にするためにはハンドルへの荷重を抜く。だから肩がこらない。
・アンクリングさせない。足先ベクトルは常に進行方向であって鉛直方向に向けない。
 足先の方向で筋肉の使用部位が変わる。
・上死点での脚の折り曲げは膝を極力曲げない。
 股関節の回転幅で処理する。
 

今一番自分の気付きで驚いていること。それはペダルの踏み込みについて。
ペダルを踏むとか踏まないとか、それは各人の表現の問題だったのです。
理系の方にご納得いただける表現は「作用反作用の法則」。
理科の教科書では上記の例として「壁を押すと、壁から押し返される」と表現されています。
※壁は生きてないので押し返してきてないし、といつも納得できなかった。

この視点を一捻りしてペダリングに置き換えてみると・・・

ハムストリングを使ってペダルを踏むとか、ケツで踏むとか。
実はこれらは作用反作用の法則的表現でした。
自重をかけたペダルから作用反作用されてその力(つまり自重)を支えるハムストリングが作動したので
まるで踏んでいるように錯覚しているだけでした。
想像してほしい。正しい空気椅子姿勢を保持したときに作用している筋肉はケツ&ハム。

via:ダイエットに効く正しいスクワットのやり方は? | パーソナルトレーナー安藤ひろゆきのブログ

スクワットしているときに「床を踏んでいる」と表現するだろうか。


参考になれば。
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alpha99.blog.fc2.com/tb.php/1669-f33f3222
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

 

プロフィール

hid

Author:hid
お問い合せはコメント欄へ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (559)
写真 (437)
カメラ (89)
コスプレ (84)
レンズ (3)
自転車 (19)
ミスせともの (51)
ミス七夕織物 (12)
オートトレンド (5)
思考 (105)
まつり (11)
愛知 (29)
名古屋 (23)
京都 (10)
ディズニーランド (4)
買い物 (30)
こども (16)
生活 (37)
音楽 (10)
読書 (8)
電話 (5)
食べ物 (11)
プログラミング (5)
ライブ (5)
PC (15)
CG (4)
イベント (20)
しごと (9)
趣味 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。