愛知を中心に東海圏と東京の写真をおさめます。

2017-11

初めての愛知池<2>

愛知池。
池沿い周囲7.4kmを歩くことにします。
せっかく来たし。



20170203-DSC03585.jpg

池沿いなので風が冷たい。
池周辺は明らかに寒い。
日の出時刻は過ぎましたが、まだ日が登りきっていないので
場所によっては暗いまま。

20170203-DSC03593.jpg


20170203-DSC03598.jpg

池周囲はきちんと舗装された歩道が用意されています。
池が巨大、かつ平日ということもあって、すれ違う人の数は勅使池の1/3程度(体感値)。
勅使池には散歩する人だけでなく、ランニングマンもいるので
写真を撮りながらノロノロ歩く私を、同じ人が2度3度抜いていくこともしばしば。
愛知池にも走る人はいましたが、さすがに再会することはなかったです。
つまりそれほど巨大な愛知池。


20170203-DSC03611.jpg

あのあたりから日が昇ってくるのかな。
わくわく。

するとここでもボートマンに遭遇。
朝日に向かって進むボートも絵になるな。

1点気づいたのは、ボートマンが撮られ慣れていないこと。
これまで撮ったことのない被写体との遭遇に私は驚きましたが
ボートマン側も、茂みから現れたカメラマンに驚いていました。
早朝にこのあたりを撮りに来るカメラマンはいないのかな。
もしかして手付かずの撮影地?


20170203-DSC03621.jpg

日が登ってきました。
あたりが黄金色シルエットの世界に移行。
そのなかを静か水かき音とともにスイスイと進むボートたち。

ざぱーっ、ざぱーっとゆっくり水を切る音に合わせるかのように
太陽もゆっくりと顔を出してきます。
※いかん、写真ポエムになってる


20170203-DSC03646.jpg


20170203-DSC03650.jpg

ボートも進むし
水鳥もスイスイ進む。



20170203-DSC03656.jpg





20170203-DSC03668.jpg

湖面に浮かぶのはブイなのか鳥なのかゴミなのか。
池が巨大なので鳥たちが小さく写る。



20170203-DSC03675.jpg

オランダの風俗を描いたフェルメール。
フェルメール好きがこうじてオランダ風景画に触れる。
リンク:オランダ 風景画 - Google 検索

オランダ風景画には水辺の絵が多い気がする。
私は水辺の風景が好きなので、必然オランダ風景画が好きになるのかもしれない。

オランダは「ネーデルラント」の意味する通り、「低い平地」で構成されている国です。
水まみれの低い国土に運河を築き、干拓し、農作地を確保して、発展してきた歴史を思うと、感慨深いものがあります。



20170203-DSC03685.jpg


20170203-DSC03688.jpg
おや、はるか前方に橋が見える。
さっきからガタゴト音が聞こえてくる。

そして巨大な送電線が何本も立ってる。
このあたりは発電所か工場地帯かあるんかな?

初めての土地は見るもの全てが新鮮。
元気よく歩みを進めます。

つづきます。
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alpha99.blog.fc2.com/tb.php/1530-fb903649
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

 

プロフィール

hydeky

Author:hydeky
お問い合せはこちらまで

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (554)
写真 (435)
コスプレ (84)
ミスせともの (51)
ミス七夕織物 (12)
オートトレンド (5)
カメラ (87)
レンズ (3)
思考 (104)
まつり (11)
自転車 (5)
愛知 (29)
名古屋 (23)
京都 (10)
ディズニーランド (4)
買い物 (28)
こども (16)
生活 (33)
音楽 (10)
読書 (7)
電話 (5)
食べ物 (11)
プログラミング (5)
ライブ (5)
PC (15)
CG (4)
イベント (20)
しごと (9)
趣味 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR