愛知を中心に東海圏と東京の写真をおさめます。

2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイ紀行 ワット・ポー<4>

ワット・ポーのつづきです。

境内には学校があります。
マッサージの専門学校と小学校(?)がありました。
学校があると事前調査で知っていたので、だから大鍋があるのかと
ひとりごちていました。

20161211-PC114743.jpg



なにやら遠くからはしゃぐ女児の声が聞こえてくる。
行ってみるとタイの女の子たちが踊りの練習をしていました。
なかなか日本の小学生のお遊戯ではみられない、手首を外にひねるような動きがあって感動。
腰に履いているものが真っ赤な布一枚的なオリエント感にも感動。

20161211-PC114747.jpg



ワット・ポーは学問の場。
幅広い学問のなかでマッサージ技術だけが残ったので今のワット・ポーがある。
市民への知識伝授のねらいでピクトグラムが境内あちこちに。

20161211-PC114756.jpg


20161211-PC114760.jpg


20161211-PC114761.jpg



さらに進んだところに仏像ずらりゾーン。
日本の三十三間堂みたいなところ(行ったことない)。
微妙に顔立ちが異なる金ピカ仏像が長い廊下にずらりと並んでいる。

タイ全般にいえることだけど、眉間に皺寄せた思い詰めたような厳か感はなく
気軽に拝んでってー♪と明るい雰囲気がある。
実際、気候的にも温かいし、陽が強いし、野外なので
心理的な明るさと環境的な明るさが一致。

20161211-PC114769.jpg


20161211-PC114781.jpg


つんつん塔。
たくさん撮った。
縦に長いので構図に悩む。

20161211-PC114777.jpg


20161211-PC114778.jpg


20161211-PC114785.jpg




20161211-PC114790.jpg


写真には収めませんでしたが、この先では多くのタイ人がお昼ごはんをたべていました。
配布所をしばらく見ていると、どうやら無料のよう。
こりゃいいね、小腹空いたし我々も食べていきましょう!とメンバーに提案したのですが
3名の同行者の中で、1名が数日前にタイ飯にやられ、うち1名がNowタイ飯に当たっている状況で
タイ現地人向けの現地食を食べることのリスクを強く訴えられてしまったので
タダ飯にありつけませんでした。

お察しの通りパクチー臭がすごかったです。

20161211-PC114805.jpg



日本のお寺でも見かける釘抜地蔵的なアレ。
2cm四方くらいの金箔が売られているので、願掛けポジションへ貼り付けるペター。
そのせいでお顔の金色がやたら濃ゆいです。

20161211-PC114811.jpg


ワット・ポーは以上になります。
このあとは渡し船に乗ってチャオプラヤー川をわたりワット・アルン<暁の寺>へ行きます。


タイ旅記 つづきます。
 


  
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alpha99.blog.fc2.com/tb.php/1482-e2dbb815
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

 

プロフィール

hydeky

Author:hydeky
お問い合せはこちらまで

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (554)
写真 (435)
コスプレ (84)
ミスせともの (51)
ミス七夕織物 (12)
オートトレンド (5)
カメラ (87)
レンズ (3)
思考 (104)
まつり (11)
自転車 (4)
愛知 (29)
名古屋 (23)
京都 (10)
ディズニーランド (4)
買い物 (28)
こども (16)
生活 (33)
音楽 (10)
読書 (7)
電話 (5)
食べ物 (11)
プログラミング (5)
ライブ (5)
PC (15)
CG (4)
イベント (20)
しごと (9)
趣味 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。