fc2ブログ

愛知を中心に東海圏と東京の写真をおさめます。

2024-04

東京国立博物館で美術品を撮ってきた<2>

国立博物館のつづきです。



20160504-P5041273.jpg


20160504-P5041274.jpg



20160504-P5041278.jpg
刀剣と鎧が展示されたコーナー。
海外の、特に家族連れが多くいたのが印象的でした。
子どもよりもむしろ大人が食い入るように展示ケースのガラスにへばりついていました。

こんな鎧を着てわーわーやっていた世界と地続きの現実に生きていることに驚き。
いい年した(?)オッサンがウサちゃんアーマーを着込んで人を殺していた狂気の世界。
welcome to this crazy time
このふざけた時代へようこそ
『TOUGH BOY』 作詞:TOM/作曲:TOM/編曲:うじきつよし、TOM/ 歌:TOM☆CAT



20160504-P5041283.jpg
このカブトは、ニラ?
仮面ライダー鎧武を地で行っていた当時のひと。
「うわwwあいつwwニラwwwwちょっwwまてって、うわー」とか?
「ニラ強ぇ」とか?
ニラの兜かぶったおっさんに追いかけられずに生きていける平和を噛みしめる。
くさい。


20160504-P5041285.jpg
夜着。
昔は毛布&敷布団というシステムではなく、厚手の着物を着て横になっていたと最近知りました。
夜着なんかを着られるのは高貴な方たちだけで、庶民は茣蓙布団でした。
しかし、模様が綺麗ですな。


20160504-P5041288.jpg
ペンペン草かな。
博物館では展示品はもとより、解説文も写真に収めないと後々記事にするときに
「きれいですな」「すごいですな」しか言えない・・・。


20160504-P5041289.jpg
きれいですな。


20160504-P5041291.jpg
すごいですな。


20160504-P5041293.jpg
龍がとぐろをまいたカンザシの飾り。
こんなカンザシをつけた女性は、今で言う原宿系の方だったのかな。
または夜の新宿繁華街系女性とか。
こんなデザインが一般的だったとは思ってない。ではこんな奇抜な装飾品をつけていたのはどんな嗜好の人だったのか
現代への置き換えやたとえがあると身近に感じられて良いなと思いました。




つづきます。

 
 
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alpha99.blog.fc2.com/tb.php/1338-0a84ceac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

 

プロフィール

hid

Author:hid
お問い合せはコメント欄へ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (565)
写真 (438)
カメラ (90)
コスプレ (84)
レンズ (3)
自転車 (56)
ミスせともの (52)
ミス七夕織物 (12)
オートトレンド (5)
思考 (111)
まつり (11)
愛知 (29)
名古屋 (23)
京都 (10)
ディズニーランド (4)
買い物 (31)
こども (17)
生活 (45)
音楽 (10)
読書 (9)
電話 (5)
食べ物 (12)
プログラミング (5)
ライブ (5)
PC (15)
CG (4)
イベント (20)
しごと (9)
趣味 (8)
運動 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

 

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村