FC2ブログ

愛知を中心に東海圏と東京の写真をおさめます。

2018-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現時点でのペダリング思考

色々なサイトを見て回って、実走行を経て、考えと結果が近づいてきたので
ここでメモメモ。


・ペダルは踏まない。踏もうと意識すれば膝周りの筋肉を使ってしまう。
・膝は大出力の通過点。大出力の元はケツ。
・ペダルに体重をかける。脚はペダルの上に立つ自分を支える役目。
 近い動きはスクワット。
・ペダルの上でスクワットを実践するとサドルとケツは触れているだけの状態になる。
 ケツがサドルに食い込まない。
・ペダルの上でスクワット状態にするためにはハンドルへの荷重を抜く。だから肩がこらない。
・アンクリングさせない。足先ベクトルは常に進行方向であって鉛直方向に向けない。
 足先の方向で筋肉の使用部位が変わる。
・上死点での脚の折り曲げは膝を極力曲げない。
 股関節の回転幅で処理する。
 

今一番自分の気付きで驚いていること。それはペダルの踏み込みについて。
ペダルを踏むとか踏まないとか、それは各人の表現の問題だったのです。
理系の方にご納得いただける表現は「作用反作用の法則」。
理科の教科書では上記の例として「壁を押すと、壁から押し返される」と表現されています。
※壁は生きてないので押し返してきてないし、といつも納得できなかった。

この視点を一捻りしてペダリングに置き換えてみると・・・

ハムストリングを使ってペダルを踏むとか、ケツで踏むとか。
実はこれらは作用反作用の法則的表現でした。
自重をかけたペダルから作用反作用されてその力(つまり自重)を支えるハムストリングが作動したので
まるで踏んでいるように錯覚しているだけでした。
想像してほしい。正しい空気椅子姿勢を保持したときに作用している筋肉はケツ&ハム。

via:ダイエットに効く正しいスクワットのやり方は? | パーソナルトレーナー安藤ひろゆきのブログ

スクワットしているときに「床を踏んでいる」と表現するだろうか。


参考になれば。
 
スポンサーサイト

まだスタンスが未定だから収集情報も幅広く



今月は1000km走ったとか悦に入ってるやつダメだ、強度だ! という本と
100km楽しくハッピーに走りたい♪という本。を同時に買ってしまうほどに
自転車へのスタンスがブレてる。

最近になってようやく写真のスタンスが「日常」「風景」に定まってきたし、自分の
スタイルも決まってきたので、それにあわせて必要機材も狭まってきた。
それ以前の主力レンズはf2.8の200ミリでしたが、最近はyahuokuで落札した
f3.5の35mmやf1.4の50mmです。っていうかほぼこの2つ。

さて一方最近凝りだした自転車は、長距離走りたいのか、時速70km/hを出したいのか
まだ定まってないので情報収集するブログも本も動画もぶれてる。
 
これまでの人生のなかで運動系の趣味ってやったことなかったので、よくわからないけど
とりあえずプロテイン買ってみました。

 

ニューバイクに乗ってきた

ln2017.jpg

はじめての自転車組み立て、はじめてのカーボンフレーム等々、はじめてづくしでしたが
2ヶ月かかってようやく完成。ずーっと作業していたわけではなく、部品や道具の不足に起因する
発注から到着までの待ち時間だったり海外出張はさんだりというリードタイムが長かった。

中学生時代、美術の成績は5以外とったことがないくらい手先は器用なので
はじめてのバラ完でしたが、変速やブレーキはかねがね良好。
これまで2年以上乗ってきたアルミバイクについてきたコンポーネントとのグレード差や年式差もあり
素人整備の105だけど快適性が高く、ただ変速するだけ、ただブレーキするだけで嬉しくなる。




120km超のロングライドを見越して格安大型サドルバッグを購入済み。

レビューを見ると「DIYやカスタマイズを楽しめる人向け」とあって、確かに
商品到着初日に取り付けベルトがもげるサプライズで楽しませてもらう。
出先で調整するため、このバッグに六角レンチやらグリスやらパンク修理キットを詰め込んで
試走へ。先週日曜日、ついにニューバイクをシェイクダウン。


以前乗っていたアルミロードよりも一回り小さいサイズのカーボンロード。
軽量化、剛性アップもさることながら、乗車時の地面から顔面までの高さがガクっと下がったので
ちょっと怖い。500mも走るとなれますけど、子供用の自転車にのっちゃった感はありました。

先述のとおり、意外と整備良好だったので、調子乗ってこのまま知多一周したるわーと
いきり勇んでチタイチコースに進路をとりましたが、その後500m進んだだけで自転車が抱えていた問題が
一気に噴出してきてもうダメ・・・。
サドルバッグに詰め込んだ道具一式を使うまでもなくそそくさと家へUターン。

・空気圧が足りない、タイヤぺちゃんこ。本格的なロードタイヤは必要空気圧が高い。近日耐高圧ポンプ購入予定。
・シートがさがってしまう。シートポストとフレームの摩擦が低い。摩擦増強剤を塗りたくって対処。
 via:カーボン用 摩擦増強剤 比較 - Kinoの自転車日記
・シート高さが合ってない。以前のバイクからクランク長を変えたことも影響してる?

かねがねこんなところ。変速しないとかブレーキ効かないとか致命的な欠陥はなかったものの
乗り心地に影響する問題があった。これらは乗車していくなかで少しずつ調整して改善していくものだけど
初乗りなので一気に問題として表面化。一気に修正して再度シェイクダウン。

いきなりチタイチ100kmはやばそうなので、前秋までよく走りに出掛けていた往復20kmのコースでの
試乗としました。

結論
バイクは問題なし!
しかし乗り手に問題あり!

紅葉を撮るためウチ(名古屋市緑区)から犬山寂光院までの往復100km走破していたのに
今じゃたった20km走っただけでペダル踏めなくなるほど膝が痛む。これはマズい。
以前のバイクより、よりレーシーな体勢となる今回のカーボンバイク。
従来のまんまで乗っていたらあかんよ、という警告なのでしょう。
また久しぶりにウェブ検索して対処方法をあさっています。

via:「膝の痛み」を感じたら脱初心者のチャンス!?ハンドルの握り方で変わるフォーム改善 | FRAME : フレイム


 
 

坂は避けるけど、美しい坂バカはありだと思います


日向涼子さんの「ドマーネ」が完成 輝くオリジナルデザイン、想像以上の乗り味 - cyclist



いいと思います。
手足の長いモデルさんが着るピチッとしたライダースーツはかっこいい。
 

自転車にも乗らず筋トレばかりしてたら持久力ガタ落ち

子どもと一緒に近所の公園へ。
幼児は歩かせておいて、その間児童と1on1の鬼ごっこ。

しょせんは小3女子の脚なのでスピード的には全然楽勝。
だがしかし持久力がやばい。さすがデスクワークのおっさん心肺
ちょっと走っただけで脇腹痛いわ、息が上がるわ、心臓バクバクいうわ。
これがいわゆる「体が悲鳴を上げる」状態なのか。

だが脚は動くぞ。脚は軽い。
あ、そうそう、正しいスクワットを知ってから
正しくハムストリングとケツに効くスクワット出来てます。ピキピキ。

 

iPhoneSEで撮ってる

平日は暖かかったのに、この土日はちょっと寒いぞ!
寒いと自転車乗る気にならないし、自転車のらないので写真も撮らない。
もともと写真ブログだったのに・・・。



でも、最近写欲高い理由は、iPhoneが常にポケットに忍ばせてあるので
「あらいい感じ」の瞬間に写真を撮れるようになったため。
デジタルズームは使わないので、そうなると単焦点レンズ付きカメラとみなせる。
[アップル iPhone SE - 35mm換算ドットコム](http://xn--35mm-y27hg92j.com/cameras/apple/iphone-se/)
なるほどiPhoneSEは約30mmね。ちょうど今現在a7IIにつけっぱなしレンズが30mmですわ。
どうりで画角的にしっくりくるわけね。

iPhoneSEいいです。久しぶりの高密度感に高揚気味。
たしかにWeb見たりゲームしたりするには大画面スマホが良いのは分かった。
けどガジェットがデカいなんてジョブズ憤飯案件だし、片手で使えてこそのポケットガジェットだろう?
 

低湿度すぎた

家のデジタル電波時計。掛け時計。
時刻さえわかればいいし、たまに日付も確認するけど
それ以上まじまじと見る機会がなかった。

しかしふと掃除がてら表示項目を確認してみた。
時刻、日付、温度、、、湿度?

時刻や日付は他にも確認方法ある。
20.6って表示されているのはおそらく温度、室温だろう。
ストーブも20℃設定にしているくらいだし。
しかしその横に表示されている25%ってなんだ?降水確率か?

いくら冬とはいえ部屋の湿度が25%ってことはないだろうと。
そう思っていた、いや思いたかった。でもこの数値が湿度だった。

冬の平均湿度は60%くらいで、これが世間でよく話す「空気かわいてる」だと思ってた。
しかし気温と同じく「最低湿度」という言葉もあるようで、東京だと9%とか。
じゃああながち25%っていうのも嘘じゃないんだな。

妻が買った、けれど最近全然つかっていない枕元専用加湿器を先の時計のそばで稼働。
おおお、数値が上昇していくぞ!!



仕事から帰ってきて部屋に入ってしばらくすると妙に肌が痒くなるのはそういうことだったのかと
独りごち。加湿していきますよー。
 

bookboard.jpの終焉

boklog22.png

これまで読書管理はbookboard.jpでやってきた。
しかしここ最近新しい本が追加できなくなってしまった。

従来であれば、bookboard.jpのサイトから本を検索し、該当の本がヒットしたら
それを「読みたい本」欄に追加。読みたい本から「買ったけど読んでない本」
「いま読み途中の本」「読んだ本」と変遷していく。

上記の読書フローのエントリーポイントたる書籍検索ができない。なんどやってもゼロ件ヒット。
検索のエンジンはAmazonを使っていて、Amazonのサイト更新に追従していないんだろうな。

というわけで今後はブクログにて読書管理していきます。

平日に名古屋地下街歩いていたらみんなシュッとしていた

確定申告のため有休とって名古屋のウィンクあいちへ。
1時間ほどで所用達成したので名古屋地下街へ。

昼時だったこともあり、スーツをきたサラリーマンをよく見かけた。
みんなシュッとしてて驚いた。
姿勢綺麗だし、歩き方、とくに脚の運び方もキレイだし。
やっぱり都会に住む人たちは知らぬ間に矯正されるんかな?

脚の筋トレとあわせて、歩き方も綺麗になりたい一心。
綺麗は副作用で、メインは膝に負担がかからない歩き方をマスターしたい。
6キロ歩くと膝が痛くなるのなんとかしたい。



チタイチに向けて


via:[GWチタイチ案: ペダル旅のおもいで](http://moriss.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/gw-24c1.html)

淡路島一周するアワイチ、琵琶湖を一周するビワイチ、そして我らが知多半島を一周するのがチタイチ。

海岸線に沿って247号を走る。約100キロ。

100キロと言えば、犬山寂光院までの往復がそれくらい。
どうせなら名前の付いたイベントルートを走りたい。
近日チタイチに乗り出します。

ルートマップの作成とあわせてフォトスポットの検索も。
それがまたGoogleマップの写真投稿につながる。

自転車とカメラ趣味を同時にやると、場所という要素でつながる。
場所、土地、地点。はて、この写真を撮ったのはどこかいな?となる。
「この道を進んでいるはずだったけど、実は間違って左折してしまった先にあったあの建物!」
なんていう探し方していても、桃源郷のごとくまれに見つからないことも。
また、自転車で自分はどういうルートを通っているのか見てみたい。
そんな思いもあってGPS付きのサイクルコンピューターを発注済み。
そう、またAliExpressなんだ。全然届かないよ。
 

Googleマップ100万ビュー達成

達成したのは2週間前。
以降はビュー上昇スピードがダウン。
100万以降はまた別カウントになるのかな。

 | ホーム | 

FC2Ad

 

プロフィール

hid

Author:hid
お問い合せはコメント欄へ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (559)
写真 (437)
カメラ (89)
コスプレ (84)
レンズ (3)
自転車 (19)
ミスせともの (51)
ミス七夕織物 (12)
オートトレンド (5)
思考 (105)
まつり (11)
愛知 (29)
名古屋 (23)
京都 (10)
ディズニーランド (4)
買い物 (30)
こども (16)
生活 (37)
音楽 (10)
読書 (8)
電話 (5)
食べ物 (11)
プログラミング (5)
ライブ (5)
PC (15)
CG (4)
イベント (20)
しごと (9)
趣味 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。