愛知を中心に東海圏と東京の写真をおさめます。

2015-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤へ青へ<1>

カワセミが撮れて気を良くして、翌日も同じ場所へ。
前日との違いは持参レンズの構成。換算600ミリを携えて。

結果的には赤い世界が撮れました。


20150924-P9243767.jpg


20150924-P9243771.jpg


20150924-P9243780.jpg


20150924-P9243790.jpg


20150924-P9243797.jpg


20150924-P9243798.jpg


20150924-P9243802.jpg


20150924-P9243807.jpg


20150924-P9243811.jpg


20150924-P9243815.jpg


20150924-P9243831.jpg


20150924-P9243832.jpg


20150924-P9243834.jpg


20150924-P9243838.jpg



つづきます。
 
スポンサーサイト

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

名古屋港水族館でイルカ等

20150927-P9274068.jpg

会社同僚の奥さんが水族館を退職するというので記念撮影にでかけました。
チケット販売所で「大人一枚」というのもなんですから子供も連れて。そういえば大人一枚に2000円もすることをすっかり忘れていました。一年に三回行くくらいならフリーパスを買ったほうがお得。

ほぼ一年ぶり。天気は快晴。途中の金山駅コンビニで買い込んだオニギリをモリモリ食べてから入場。

到着時刻がほぼお昼だったのでスムーズに入場し、その足でイルカショーへ流れるようにエントリー。

20150927-P9273911.jpg

子供は最前列をせがむのですが、去年と同じであるならばシャワーと称したブッカケプレイが行われるはずで、実際そのようにアナウンスしていたし。もちろんカメラとレンズ一式を持参していた私はノンノン。子供はふくれっ面でしたが、ショー開始10分後には感謝していました。「もしあそこにいたらビショビショだったね」「おうよ」
みんなどの程度かけられるか知らなかったのかな?ファーストブッカケ時は歓声が悲鳴に変わる瞬間。ショー開始後は席の移動はするなと注意があったにもかかわらず、シャワー射程範囲から蜘蛛の子を散らす様に人がいなくなりました。


20150927-P9273928.jpg

イルカはぴょんぴょん跳ねるのですがジャンプ最高到達点では鉛直方向の速度成分はゼロになるので意外とすんなり置きピンで撮れます。ボール蹴りなんて最たるもの。イルカの来る場所が分かっているので撮りやすい。

20150927-P9273943.jpg


20150927-P9274053.jpg


20150927-P9274069.jpg


20150927-P9274081.jpg



水中の魚は動きが早くて小さいので大口径望遠レンズの選択が良さげ。私は60ミリ(換算120ミリ)f2.8のシグマレンズをチョイス。次回に期待。

クラゲが綺麗だった。照明を工夫してくれたら1時間は粘れる被写体になるなぁ。

20150927-P9274105.jpg


20150927-P9274115.jpg


20150927-P9274134.jpg


20150927-P9274085.jpg


次回は年パスゲットでじっくり撮りたい。
 

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

秋への移ろい みどりが丘<2>

20150923-P9233646.jpg


20150923-P9233649.jpg


20150923-P9233651.jpg


20150923-P9233669.jpg


20150923-P9233689.jpg


20150923-P9233695-2.jpg


20150923-P9233696.jpg


20150923-P9233711.jpg


20150923-P9233714.jpg


20150923-P9233718.jpg


20150923-P9233729.jpg


20150923-P9233736.jpg


20150923-P9233740.jpg


20150923-P9233751.jpg


定点観察的な。
まだ夏の名残がある。
もう少し季節が進むと暖色系になってくるかな。
 

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

秋への移ろい みどりが丘<1>

20150923-P9233610.jpg


秋の気配を感じにホームのみどりが丘公園へ。
気合の3時起き、4時半出発。

久しぶりのみどりが丘公園。久しぶりの早朝。
よくよく思い出せばココは墓地公園。
あたりの暗さと雰囲気に飲まれて1人震えながらカメラを取り出す。


20150923-P9233611.jpg


20150923-P9233615.jpg


20150923-P9233621.jpg


20150923-P9233624.jpg


20150923-P9233625.jpg


20150923-P9233636-Edit.jpg


20150923-P9233639.jpg


20150923-P9233641.jpg


動体を撮るわけではないのでISO1200のSS30でも
強力手ブレ補正のおかげで撮れちゃうのよね。



20150923-P9233644.jpg



つづきます。 
 

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

夏の終わり2

P9133266-1.jpg
 

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

ポジティブワード変換

同義語辞書があるならポジティブ変換もほしい。

最近見かけたポジティブ変換。


・貧乳→シンデレラバスト
・目が小さい→透明感ハンパない
・ブサイク→リアル
・短足→ピッチ走行
・デブ→抱擁感
・ハゲ→セルフ後光
・ガリ→即身仏
・ゴミ→エコ
・口が悪い→陰陽師
・人相が悪い→E.Yazawa
・絵が下手→利き腕を骨折した
・字がヘタ→タイ語習得中
・遅刻した→時空の歪からの生還
・仕事が遅い→丁寧
・手が早い→博愛主義
・陰鬱→バカまじめ
・AppleWatch→ゲームウォッチ
・無茶振り→期待の現れ
・サビ残→モーレツ
・VW→www
・健康診断D判定→キレイなVW


このような言い換えができるようになってこそオトナと言える。

ミラーレス用にバックパック買った(一部作った)

0056035362613_00110_500.jpg

ロープロ S&F トランスポータダッフルバックパック

撮るものが決まってくるとレンズも決まってくる。

撮るものが決まってもレンズが確定できないとき。それは新しい撮影地に行った時。もしくはレンズを替えて表現を変えたいなーというマンネリ打破のきっかけとして。そんなときはレンズをモリモリ持ち運びたい。

レンズ一本1キロ以上がデフォという異常事態が日常のフルサイズカメラ。
マクロレンズですら500グラムもある世界にはついて行けず、
今年2月からはコンパクトな世界へ移行した。
さよならフルサイズよろしくマイクロフォーサーズ。


巨人の国から小人の国へ。
45ミリ(換算90ミリ)の単焦点レンズが116グラムというミクロ世界に迷い込んだ錯覚を覚える。
レンズを摘んで持ち上げる感覚は小学生時代の顕微鏡以来の新鮮さ。
オリンパス製OMDEM5はセンサーサイズが小さく世代もだいぶ古いので
これまで使っていたD810と比較するのは酷です。
それでもこのカメラにはニコンのフルサイズ機にない魅力がある。
それは日常への溶け込み力。

ダイニングテーブルの片隅に置いてあっても気にならないのはカメラ個体のチカラ。カタログには現れないチカラでしょう。
風景写真も撮りたいけれど日々成長していく子供も綺麗にたくさん撮りたい。
だから日常のシーンに溶け込めるサイズ、違和感のない形が必要。
その結論としてマイクロフォーサーズ。


前置きが長くなりましたが、結局言いたいのは
ちっこいレンズをたくさん持ち運ぶに最適なリュックタイプのカメラバッグが見つかんないから困ってる、
こうなったら自作するしかないんじゃないの?と心揺れてる次第、という乱筆披露でした。


相変わらずカメラバッグは死んだ両親の遺言を遂行していかのように頑なにダサさを貫いてる。

渋谷になんて行かない、5年前からメガネを変えてない、オッサン。
というプロファイリングが間違ってないだろうという根拠未確認の自信であふれる
カメラバッグデザイナー像。

なぜこんなところに縫合ラインを入れてしまうのか、なぜラインが斜線なのか、なぜこの色なのか。
マンフロットバッグにストリートコレクションが誕生 - ニュース | Manfrotto


カメラバッグスタイリングのすべてが自分の嗜好に合わない。
合わないのであればできるだけ意匠を省いたのもがほしい。
初代ガンダムにおいてMS同士のどつきあいが想定できなかったためボディ表面から極力凹凸を省いたという設定に通ずる
アレです。

詰め込んだ機材の総額が200万を超えた一式を持ち運ぶとなると保護力にパラメータを全振りするしかないのは分かる。
だがしかし私のカメラは中古のマイクロフォーサーズ3万円だし、所有している一番高いレンズでも新品13万円だ。
視力0.1の私の目には カメラバッグの持つ保護性能は過剰気味に映る。


カメラマン風体が町なかにいてはいけない。著名なカメラマンも「まず溶け込め」と著書の中で言っている。

StreetandField-series-hero.jpg
カメラメーカーが想定しているストリート&フィールドなシューティングスタイル。こんなんツーホー&タイーホですよ。

町なかでデカイフルフレームの一眼レフを持ち歩いちゃいけない。
カメラ趣味の人は目を見ればわかる。
人当たりの良さそうな人でもおっとりした感じの人でも基本的にスナイパーみたいな目つきをしているから。
TPOを意識しないと目つきと存在感だけで盗撮魔扱いされてしまうので乱世乱世。

実家近くにある高校。
生徒たちが文化祭終わりのあと片付けをしている。その様子まで撮ろうとしているのかフルサイズガンレフ持ったおっさんが
獲物を狙う目で高校近くをうろついていた。
同じカメラ趣味のお仲間とはいえ通報の二文字が頭をよぎる。
場所と時期をわきまえないと即タイホっていう話にもなりかねない昨今の撮影情勢。

シンクタンクフォトのカメラバック。初めて購入したレトロスペクティブは町中に自然に溶け込むことをコンセプトとしている。

報道・ドキュメンタリーに携わる写真家のために開発された「目立たないカメラバッグ」としてのレトロスペクティブ・シリーズ。


極力外観の特徴を消してあり、高価な機材を印象づけるようなデザインにならないよう配慮してあります。フロントポケットが深くガイドブックなどを入れる余裕があり、海外旅行時にカメラを持ち歩く際のメインバッグとしても好適です。


現に京都撮影で持参した時には見ず知らずの現地おばちゃんから「えらい大きなカバンですなぁ」と指摘されるくらい京の町に溶けこんでた。
男爵じゃがいも突っ込んだカレー並に溶け込んでたんだ(T-T)


中井精也先生もがっつり溶けこむイワカンZEROスタイル。さすがとしか言いようが無い。


シンクタンクフォトのデザインが理想に近いけど、このメーカーのバッグはとにかく重いので竹ひご男子には不向き。
最近で言うとラグビー選手みたいな肉厚さがないと背負えません。ひっくり返る。


いろーんなことが頭のなかでぐちゃぐちゃになってる。

高級カメラや高級レンズではないのでカメラッグには保護性よりも軽量性を重視したい。
フルサイズ用に比べて1/2から1/5くらいの重量&サイズなので小さく細かく別れたコンポーネントがほしい。
でもそんなの売ってないし。
そもそもカメラバッグダサいし高いし重いし。


もうこうなりゃ自作しかない!
自分の両親もモノを作る系の人。
最近帰省してみたら両親のクリエイティブさに感化された。
母は刺繍と手毬を作ってるし、父はバードカービング・・・のための集塵システムを作り上げてたし。
やるじゃない。


基本方針は
バックパック+レンズ保護材。


今回のカメラバッグ調査の最大の懸念事項かつ最大の収穫は緩衝材について。

インナークッションともクッションボックスとも言われるアレ。
いろいろメーカーサイトを見てミラーレスカメラとレンズ5本くらい入りそうなアレを探したけど見つからず。
インナーソフトボックス/中仕切板


自作。
EVAフォームを使った自作例が結構ヒットする。これか!発泡プラスチック製ね。
カメラ用自作インナーボックスをマイナーチェンジ|人生に出会う7WAYS+α


早速近所のセリアへ。
たまたま見つけてしまったプラケース。
カメラバッグって普通のバックパックと違って自立できるのは中にフレームが入っているから。
シンクタンクフォトのバッグを2つ、ロープロのバッグを1つ経験しているので知っています。
EVAフォームだけでは心許ないのではないか。プラケースがフレームになるのではないか。
セリアに来る前にカメラやレンズの寸法出しをしていたので最適なプラケースが割り出せる。

というわけで購入してきた1200円分がこちら。
20150922_115625_551.jpg


はい、とりあえず作ってみたのがこちら。
20150922_152427_814.jpg

20150922_152533_178.jpg

寸法だしたのでE-M5にジャストフィット。
バッグが自立できるほどの強度を持ちカメラを適度に守りつつ軽量かつ全レンズ持ち運び可能。素晴らしい!
手持ちのカメラやレンズに最適化したので背負った状態で歩いても背中でガタガタしない。

完成はこちら。
unnamed.jpg


あーこれはヤバイですわ。
快適の権化ですわ。
 


 

センサーのサイズが決定的戦力差にはならない事例


Nastya by Sean Archer / 500px

挨拶の効果

20150923-P9233724.jpg

公園に行って写真を撮る。
昼時だとそんなことないけど、朝に限ってはすれ違う人同士「おはようございます」と挨拶を交わす。

30代が物珍しいのか、望遠レンズ付きのカメラが珍しいのか、5人に1人の結構な割合で
「鳥を撮っているんですか」と話しかけられます。

今日もスレ違いざまの挨拶のあとで「鳥、撮れますか」といつもの。
ただ今回はいつもと違って「あそこにカワセミが居ますよ」という追加情報も頂きました。

公園3箇所の出現ポイントを教えてもらって行き交わす。
数歩歩いたところで呼び止められる。
「もしもし!いましたよ!」

写真を始めてから4~5年経過してますがはじめてカワセミを撮りました。
どこのどなたか存じませんが情報ありがとうございます。
カワセミとの遭遇に備えて換算600ミリも持参しなくては。

挨拶をしていることで得られるなにか。
現代っ子的に言うと挨拶はコスパ高い。
 

今後の経済イベント

ワーゲンがしんで
ドイツがしんで
ギリシアがしんで
欧州がしんで
難民が暴れて
大不況
最悪の場合は・・

ワーゲンのヤバさより

スズキのじいさんすげぇ。

C88コス写カメラの傾向

RinRin王国
コミックマーケット88 コスプレ写真Link集のカメラ集計


キヤノン・ニコンの二強。
そして
オリンパス、きてます。

フルサイズ機の立体感は言うまでもなく良いモノ。
でもこのジャンルなら平面的な方が、いやむしろ平面的に写って欲しい?
そんな時こそのマイクロフォーサーズです。
カメラ趣味4年目にして気付いた適材適所。
 

夏の終わり

P9133448.jpg
もう夏もおわり。
肌寒い朝が続く。
 

漂う市の香り

自分の年齢を考えれば致し方なしかも。
実家に帰るたびに悲しくなって戻ってくる。
写真趣味にしていることが知られているせいで遺影の写真を指定されたり。
光栄なことかもしれないけど。

鬱々で帰宅。

ハンズ新宿に良くしてもらった

詳細は書かないけど、ハンズに良くしてもらった。
王者の貫禄すら感じる。ありがとうハンズ!

タバコガチ勢

会社からタバコルームが撤去され、お店からも追いやられ、健康への害が多く報じられ、あんな小さな箱が1つ500円もするこの時代にあって、いまだタバコ臭い人たちはハンパなく臭い。
値上げのたびに減ってきた喫煙者。いまだに吸っている人は選りすぐりの喫煙エリート。軽い気持ちで吸ってないし、たぶん命削って吸ってることを自覚してる。

有吉ジャポンみてる

ari20150904.png

ねこむ氏Jかよ!?
 

カメラの好きな形

オリンパスOMDの既存路線をベースに


ゲーミングマウス感と


ガンダム感をプラスした


そんなデザインのカメラを渇望。
待ってるぜEM1 Mark2.

 

勇ましさと刹那さと<4>どまつり2015

2015年、名古屋ど真ん中まつり、通称どまつりの写真。ラストです。



20150829-P8292828.jpg



20150829-P8292839.jpg



20150829-P8292847.jpg



20150829-P8292851.jpg



20150829-P8292930.jpg



20150829-P8292933.jpg



20150829-P8292960.jpg



20150829-P8293051.jpg



20150829-P8293054.jpg



20150829-P8293059.jpg



20150829-P8293096.jpg



20150829-P8293081.jpg



20150829-P8293122.jpg



20150829-P8293140.jpg



20150829-P8293144.jpg



20150829-P8293150.jpg


いやー、熱いもんみせてもらいました。
 

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

勇ましさと刹那さと<3>どまつり2015

2015年どまつり写真、つづきです。



20150829-P8292371.jpg



20150829-P8292379.jpg



20150829-P8292387.jpg



20150829-P8292433.jpg



20150829-P8292472.jpg



20150829-P8292513.jpg



20150829-P8292601.jpg



20150829-P8292659.jpg



20150829-P8292671.jpg



20150829-P8292757.jpg



20150829-P8292771.jpg



20150829-P8292800.jpg



20150829-P8292813.jpg



つづきます。
 

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

勇ましさと刹那さと<2>どまつり2015

2015どまつり@栄の写真のつづきです。


20150829-P8292102.jpg


20150829-P8292137.jpg


20150829-P8292171.jpg


20150829-P8292157.jpg


20150829-P8292158.jpg


20150829-P8292245.jpg


20150829-P8292237.jpg


20150829-P8292269.jpg


20150829-P8292262.jpg


20150829-P8292300.jpg


20150829-P8292333.jpg


20150829-P8292346.jpg


20150829-P8292358.jpg


つづきます。
 

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

勇ましさと刹那さと<1>どまつり2015

今年もどまつりを撮りに出かけました。
毎年どまつりの時のカメラが違います。
ソニーα900、ニコンD800、ソニーα55。
そして今年はオリンパスOM-D E-M5です。

換算600ミリの超望遠レンズをつけて撮ってきました。
望遠端の頃にはf値が6.7というとんでもなく暗くなっているので
ISOをケチらずに上げるべきでした。

踊っている人を撮る、それも瞬間を切り取るならシャッタースピードは1/1000以上、
できれば1/2000くらいないと指先まで止まらない。
しまったなぁ。

といいつつも3時間で1200枚ほど撮りました。
9割以上は被写体ブレとピンずれなのでボツでしたが
たまにいい感じにとれているものがあるとチョット嬉しい。

そんなチョット嬉しい写真を幾つかご紹介します。


20150829-P8291837.jpg



20150829-P8291856.jpg



20150829-P8291862.jpg



20150829-P8291863.jpg



20150829-P8291897.jpg



20150829-P8291913.jpg



20150829-P8291940.jpg



20150829-P8291957.jpg


20150829-P8291967.jpg



20150829-P8291969.jpg


20150829-P8291972.jpg



20150829-P8291978.jpg



20150829-P8291980.jpg



20150829-P8292021.jpg


20150829-P8292009.jpg



20150829-P8292034.jpg


20150829-P8292054.jpg

海外勢の没入感は国内勢のそれと比較して数段深い。

台湾からの参加団体、みな狂気の一歩手前までキモチ高めてる。
逆に目についてしまうのは日本の、特に学生主体団体。
夢とか笑いとか絆を掲げたがるわりには
その言葉の重さやコンセプトを辞書的にしか理解してないウェイ感。
端的に言って覚悟が足りない。

コスプレした人を撮るようになって、
彼らのワンショットに入れ込むキモチの強さを知ってしまったので
どうしても比較してしまう。

笑ってもいいがヘラヘラするな
手を伸ばすなら爪先まで意識しろ
声を出すなら大地を揺らせ

と、例年より厳しい眼で見てきたどまつり。


これから掲載するのは、煌めきだけではなく思い詰めたような視線
または臨界を突破した覚悟が感じられる
そんな人たちの写真。




つづきます。
 

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

月がでかい

むーん。

 | ホーム | 

FC2Ad

 

プロフィール

hydeky

Author:hydeky
お問い合せはこちらまで

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (554)
写真 (435)
コスプレ (84)
ミスせともの (51)
ミス七夕織物 (12)
オートトレンド (5)
カメラ (87)
レンズ (3)
思考 (104)
まつり (11)
自転車 (4)
愛知 (29)
名古屋 (23)
京都 (10)
ディズニーランド (4)
買い物 (28)
こども (16)
生活 (33)
音楽 (10)
読書 (7)
電話 (5)
食べ物 (11)
プログラミング (5)
ライブ (5)
PC (15)
CG (4)
イベント (20)
しごと (9)
趣味 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。