FC2ブログ

愛知を中心に東海圏と東京の写真をおさめます。

2021-04

サドルはショートノーズだから

私のロードバイク経験は、ほぼ全てショートノーズサドルの上で過ごしてきたと言っても過言ではない。
カスタムによりママチャリにすらショートノーズを装備しているので
さらにさらにショートノーズ体験を延伸している。

AliExpressで購入したいわゆるChinarelo(チナレロ)。
雰囲気を味わう嗜好品。カーボンの質は本物とは異なるだろう。
だがしかしフレームの形状がことなれば自転車特性も異なるのは同じ。

普段乗ってるC-Worksと比べると
重い
硬い
ハンドルまでが遠い

おんなじ様なサイズなはずなのに、それぞれのフレームが勧めてくるポジションが全然異なる。
Chinareloは攻めのポジション。頭の位置は低く、速くあるために硬く。硬いがゆえに重い。
ヘッドとフォークのボリュームはどこまでも前輪とハンドルのブレを許さない確固たる設計意思が滲み出している。

ステム長さの違いは最たるもの。
C-Wは130mmで、対してChinaは100mm。
おなじ130mm使った場合、傍目から見たら自転車にしがみついている人みたいなフォームになってしまう。
もちろん乗っている私の柔軟性も死ぬ。

フレームに求められるポジションが違う。だからそれぞれに乗りやすい乗りにくいがあるのかと思っていた。
しかし気が付いた。サドルが違うのだ。
Chinaには従来型の細くて長いサドルをつけていた。見た目重視ゆえに。
対してC-Wの方には乗りやすさとパワーの観点からショートノーズを装備。
乗りやすいからママチャリにも装備しているのだ。

自分はサドルにこだわりのないケツ、何にでもフィットするケツだと自認していたが
実のところそうではなく、単に一発目に自分のケツに合うサドルを見つけられたに過ぎない。
現にコンサバなロングノーズサドルではすぐに股擦れが発生してしまった。

スポンサーサイト



カッコいいこと、効率のいいこと

しろうとかいわいでは全く別。

ステムベタ付けがかっこいい。。 腰が痛くなるかもだけど。
サドルは高いほうがカッコいい。。 パワー下がるし、腰がぐわんぐわん揺れるかもだけど。
ディープリムはカッコいい。。 ストップアンドゴーが多い市街地では利点活かせないけど。

見た目かっこいいか否かを議論しているのであって、パワーとか効率とか速度とか、そんなのは二の次。
何かを議論するときは論点を明確かつ少数に絞り込みましょう。

ちなみに私は、速度を第一優先にしています。
瞬間的に早くてもあまり興奮しません。せめて5分は維持できる強度で時速何キロだせるか。
出せるようになるために、でロードバイクのポジションや機材を調整しています。

テクノロジー国家日本をアピールして国威掲揚したい

・屋内完全禁煙
・キャッシュレス決済対応
・エスカレーターの歩行禁止


平均的な人、なんていないのに追い求めて疲弊のぱてぃーん。
アメリカ行ったときにびっくりしたのは自動ドアがほんとにすくないこと。
アメリカはでかいので複数階の建物が少なかった、のでエスカレータにあまり乗ってない。

日本は日本のスタイルで。

WeChatPayを試してくる

IMG_1233.jpg
よろしくおねがいします。

平日に名古屋地下街歩いていたらみんなシュッとしていた

確定申告のため有休とって名古屋のウィンクあいちへ。
1時間ほどで所用達成したので名古屋地下街へ。

昼時だったこともあり、スーツをきたサラリーマンをよく見かけた。
みんなシュッとしてて驚いた。
姿勢綺麗だし、歩き方、とくに脚の運び方もキレイだし。
やっぱり都会に住む人たちは知らぬ間に矯正されるんかな?

脚の筋トレとあわせて、歩き方も綺麗になりたい一心。
綺麗は副作用で、メインは膝に負担がかからない歩き方をマスターしたい。
6キロ歩くと膝が痛くなるのなんとかしたい。



景気は人口


もう流石に日本凄い系のテレビ番組は減ってきて
今日見たテレビ番組は日本ヤバイでした。

日本でモノが売れないのは、賃金云々じゃなくて、単純に購買層の人口が減っているから。
若い人たちが買わなくなったのも事実だけど、それ以上に、単純に買う層が減ったからモノが売れない。
日本が老化しているから。

国への投資を考えるなら、まだ若い国に投資するのは常識なのかな。

近況2017Dec

・自転車のタイヤを交換した
 アマゾンでContinentalのUltra Sportなるタイヤが2本セット&チューブ2本セットが5000円だった。
 自動車のタイヤが4本セットで7800円とかいう世の中で5000円の値段はちょっとどうなのとも思うけど。
 

 近所に個人の自転車屋さんがあるのでお願いしようかとも思ったけど
 タイヤ交換くらいできなくてなにが自転車趣味か、という思いもあり
 ましてや学ぶ意思さえあればWebでもYoutubeでも教材はごまんとある世の中
 やる前から出来ないを選択するほど意志薄弱じゃない。

 やってみたらあっけなく出来た。
 
 
 タイヤをはめることが難しい、っていうか非常に力がいる。
 テコの原理で道具を使ってぐりっとやりたいところだけど
 チューブに傷が付いてしまうからダメなんだって。
 そこを我慢するから面倒くさい。テコ使いましょう。

・犬山寂光院まで行ってきた
 片道45キロ。
 帰りはGoogleマップのために寄り道して神社巡りしたので
 トータル走行距離は96キロでした。おしい!
 
 午前3時くらいはロードバイクの人も自動車も少ないのでするする進めちゃう。
 しかしこの日は強い向かい風が行く手を阻む。
 さらに緑区から犬山市にかけてのゆるーい登り基調がじわじわくる。

・犬山寂光院が殺伐
 寂光院敷地内の駐車場は午前8時からでないと駐車できなくなってた。
 しかも有料500円(写真)。
 自分が知らぬ間になんかトラブルあったんだろうな。
 この日も境内入り口参道あたりで
 せっかくきたのにーと文句いう自動車の婆さん残念そう。
 敷地内は停められないけど、300メートルほど離れた場所に駐車場があるから
 そこ使えばいいと思うよ。5台だけど。

・96キロ自転車漕いでも膝は痛くならなくなった
 ・膝が開かず内向かずを注意したから
 ・膝周りの筋肉が付いてきたから
 ・ペダリングでは膝を使わないようにしたから
 ・ペダルを踏みつける力をハムストリングから得ることに注意したから
 
 太ももの前側の筋肉は意識もしやすい使いやすいし力も強い、けれど
 持久力がないのでいざという時以外は普段使わない。
 普段使いの筋肉として(意識できるようになれば)大きな力が得られる
 太ももの裏側―ハムストリング―で駆動できるようになりましょう、と
 どんな教則本にも書いてある。
 意識的に使えるようになったけど、約100キロの道程をハムだけではだめだった。
 まだ100キロを走破できるだけの筋力は備わってない。
 膝が痛くなることがなくなったのであとは筋力を付けていきたい。

・4万円のロードバイクとは
 ロードバイクのカタチをしたママチャリ。
 圧倒的足かせ。
 ペダルにかけた力を増幅して進むのがリアルロードバイクなら
 モドキは力を霧散させ、スピードを殺す。
 圧倒的重量、歪んだスプロケット(ギア)、整備不良のチェーン。
 全ては乗り手を守るための安全装置。

・ブレーキを替える予定
 足かせロードバイク風ママチャリでも鍛えてればそれなりに速度が出せるように
 なってくる。あぶない。怖いからまずヘルメットを買った。
 今怖さを感じるとすれば急なスピード調整が効かないこと。
 ブレーキが弱すぎるのでブレーキまるごと交換予定。
 ママチャリロードなのでブレーキの規格がまさにママチャリ。
 シマノ製のロードバイク用ブレーキが規格が合わずに使えない。
 というわけでTEKTRO製ブレーキと、DURA-ACE用ブレーキシューセット(1300円)を購入した。
 TEKTROがまだ届かない。はよ。

近況2017,Nov

・自転車のバーテープを交換した
 ペダルを漕ぐときに踵にあたるので自転車スタンドを取っ払った。
 すると自転車を駐輪中に転倒させることしばしば。結果ハンドルに巻かれたテープがボロボロ。
 自転車屋さんに交換をお願いすると手間賃かかってしまうし、ってことで挑戦してみた。
 良いヤツは4000円とかするのですが、なんせ交換作業初めてなので
 まずはAmazonで手の届きやすい1000円価格帯からチョイス。
 何も参考にせずにとりあえず巻いてみる。
 意外といける、というのが正直な感想。しかし難しい部分もある。
 
 ・等間隔で巻き続けられず、よく見るといびつ。
 ・ブラケット部分の巻き方がよくわからない。
 


・自転車のペダルをMTB用に換えた
 ビンディングペダル使ってないし、
 それをマネたスタイリッシュな小さいペダルを使う理由が乏しい。
 MTB用のペダルは巨大だ。
 大面積に足の裏全体を使って力かけたほうが面積単位あたりの力は小さくて済むから
 足の裏痛くならない。そしてなにより力をかけやすい。ぐぐー。


・自転車で60Km走っても膝が痛くならなくなった
 この歳にして自分の体、特に骨格や筋肉を意識するようになって初めて見えてきた
 左足の弱さ。
 筋力が弱いし、柔軟性も低い。もしかしたら右足より若干短いかもしれない。
 そんな左足を意識的に強化してきた。具体的には毎朝の股関節柔軟体操と
 スクワット時の左膝の軌跡を補正するために内転筋意識。
 もちろん自転車のペダルを踏むときも力が膝外に向かわないように補正。


・自転車メンテもがっつり
 これまでも油をチェーンやギアに注すことはしてきたけど、ゴミとホコリがくっついて
 ギトギトになってこびり付いている油を落としたことはなかった。
 チェーンの重さ、ねっとり感は脚に感じていた。
 自転車メンテナンス動画を参考に汚れ落としを購入、即シュッシュー。
 こびり付いていた油が溶けた真っ黒い液が滴り落ちてくる。
 その後乾燥させてミッドウェットのルブ(油と言わない)を注して完成。
 はっきりと分かるペダルの軽さ。素晴らしいー。
 
 次はタイヤ交換にチャレンジしたい。


・趣味が増えると人生初も増える
 魚捌きが最近の新しい行動。
 近所にプロショップがあるので、そこでアジ(20cm)やメバル(25cm)、タイ(40cm)を買ってきて
 Amazonで買った15cmdステンレス出刃包丁「関孫六」でザクザク。
 プロショップのお姉さんに出刃買ったぜ報告したら「小さい」と色んな意味で一蹴された。
 やはり20cmからでないと認めてもらえないようです。


・肩がめちゃ痛い、けど回復傾向
 有休日に1歳の赤ん坊を腕枕して寝たのがまずかったか。
 左肩がめちゃいたい。
 治ってきたかなというときに、先述の60km走行したことが悪かったのか
 より傷みが増してしまった。日常の業務中でも顔をしかめるほど、いたい。
 ロードバイク諸先輩方も通った道に、今私が歩いているんだろう的意識。
 
 Googleで検索するとやっぱり先人の道標があった。
 『肩こり解消のためにやって効果があったモノ、なかったモノ(まとめ)
 

肩こり解消に効果があったのは、ストレッチポール
薬もダメ、お風呂もダメ、ほとほと困ってストレッチのトレーナーさんに相談したら、自宅でできるセルフストレッチを教えてもらった。それを試したらわずか数日で、「マジか!これまでの苦しみはなんだったんだ!?」ってくらい効果てきめん。


 

左右の肩甲骨を1分づつバキバキして、真ん中の僧帽筋もグリグリし、正味3分で終了。たったのこれだけ。「カンタンすぎるぞ…これで効果あるんか?」と訝しんだが、翌日いきなり肩が軽い。


 

・Googleマップ投稿しまくってる
 自転車+写真=Googleマップ
 これまでの投稿写真が毎週2.1万ビュー獲得する。
 100万ビュー達成するとバッジがもらえる。
 バッジ、いわゆる称号。
 称号を持つ者のみが参加を許される会合とかあるみたいなので俄然がんばる。
 
 いろんな種類の人がたくさんくる場所の写真がビューを稼ぎやすい。
 役所とか市民センターとか。
 場所に応じた知りたいものの写真もSo獲得。たとえば
 居酒屋のメニューとか、居酒屋の店内全景とか、居酒屋の締めメニューとか。


・赤ん坊は我々をみてる
 スマホを頭にくっつけたり(通話のマネ)
 屈伸したり(私のスクワットのマネ)
 鉛筆で書き書き(妻の家計簿のマネ)
 ほんとよく見てる。


・無線LANルータを換えた
 ケーブルテレビの加入と同時にネットと電話も。
 ネットは光ケーブル。回線は速いのだけど、問題はプロバイダ貸与のルーターが電波弱いこと。
 しかもこんな弱いルーターに月々レンタル料がかかっていること。
 Amazonで調べたら電波法に抵触しているのではないかというくらい電波が強力なルータが
 2千円台で売られている時代なのに。
 
 で、買いました。
 購入後にルーター設定中に驚かされたのは、実は通信会社は貸与ルータのMACアドレスで
 接続機器を制限していたこと。さらにびっくりはそれを見越して最近のルーター管理アプリには
 MACアドレス偽装設定が備わっていること。
 

素人演技の不自由さとかずのこ氏あれ?


超人気ゲーム実況!「裏・顔TV!」メンバーお薦めのゲーミングPC通販|G-Tune

2375577_1.jpg

歩く動作ひとつとっても、テレビや舞台にでるような人はきちんと教育うけているんだなって。

カメラ・写真を趣味にして発見したのは、我々が日常的に触れている広告媒体の写真は
ぜーったいに編集が加わっているんだということ。
ビデオで撮りましたカメラで撮りました、で終わらない。絶対に編集加工が加わっている。
そんな絵を日常的に見ているから、我々の中であたかもそれが普通であるように意識しないと錯覚してしまう。
女優の肌はつるつるじゃないし、ストリートはゴミだらけだし、空はそんなに青くない。
逆に、虚構のシーンに慣れてしまっている我々は、素人が写る、素人が撮った絵に違和感を感じる。
それが素人臭さにつながるんだろう。

冒頭で書いた歩く動作ひとつでも、見られる仕事しているひとは教育を受ける。
ふとももを使って振り子のように足を出すし、踵から着地するし、着地後は膝を曲げない、ショックはケツで吸収。
日本人素人はアシモのように膝を折り曲げた状態で歩くから「ヘン」に写る。だがむしろこっちが現実だ。
普段口にしない「すべては勝つために」なんていう不自然なセリフを馴染ませられるからプロ。
不自然なセリフの違和感は日本人の「サンキューベリーマッチ」並だと言えば理解し易い。

・・・・あれ、かずのこ氏かっこいい。
長く書いてきたけど、言いたかったのはコレ。
ひょろい兄ちゃんだとおもってたけど、眉間に孤高の天才ゲーマ感宿ってる。
 

今年寒くない?

週間天気予報をみても、名古屋の最高気温は20度前後。
週1ペースで24度とか温かい日を織り交ぜつつーっていうのが例年だと思うんですが
いまだ寒い。とくに夜が寒い。うぅ。
 

 | ホーム |  older

 

プロフィール

hid

Author:hid
お問い合せはコメント欄へ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (562)
写真 (438)
カメラ (90)
コスプレ (84)
レンズ (3)
自転車 (46)
ミスせともの (51)
ミス七夕織物 (12)
オートトレンド (5)
思考 (107)
まつり (11)
愛知 (29)
名古屋 (23)
京都 (10)
ディズニーランド (4)
買い物 (31)
こども (16)
生活 (42)
音楽 (10)
読書 (9)
電話 (5)
食べ物 (11)
プログラミング (5)
ライブ (5)
PC (15)
CG (4)
イベント (20)
しごと (9)
趣味 (2)
運動 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR